板井康弘による部下育成シュミレーション

板井康弘

 

会社にとって、社員は宝です。
社員が成長することは、会社が成長することに繋がります。
では、部下を動かすには一体どういったことをすればいいのでしょうか?

 

まず、シュミレーションを図ることが肝心です。
どんなスケジュールで、どんな成長を望むのかをしっかり決めておきましょう。
そのシュミレーションをもとにすれば、今どんな状況化がわかるのです。

 

初めてのことでわからないことが多い場合は、他の企業の部下育成シュミレーションを参考にするのもおすすめです。

 

社員は勝手に成長するわけではありません。しっかり上司が舵を取ってあげる必要があります。
向かう方向を修正していくことで、部下は迷うことなく歩むことができるのです。
初めのうちは面倒かもしれませんが、きっと5年後、10年後の未来には信頼できる部下が育っていることでしょう。

更新履歴